歯科コラム

Column

見た目・食事か負担の面でインビザラインと従来の矯正を比べてみた!

見た目・食事か負担の面でインビザラインと従来の矯正を比べてみた!
矯正治療において、見た目がキレイかつ目立ちにくいことで人気のインビザラインですが、食事や負担面などは、従来の歯列矯正治療と比べてどうなのでしょうか。従来の矯正治療とインビザライン治療を比較してみました。

◆見た目について

従来の矯正(ワイヤーとプラケット治療)の場合、治療していることが目に見えて目立ちやすいのに対し、インビザラインだと透明で目立たない上、しゃべりやすいので、他人からは治療中であることがほとんどわかりません。「矯正はしたいけど、周囲の目が気になる」という方にはピッタリの矯正法です。

◆食事について

食事
治療中は固定された矯正装置を取り外すことができないのが従来の矯正のデメリット。歯に絡みやすい野菜や、歯にくっつきやすいお餅などは食べにくかったり、場合によっては制限がかかります。それに対し、インビザラインは簡単に取り外しをすることができるので、ストレスなく食事が楽しめます。

◆負担面について

【痛みの負担】

従来の矯正は、口の中の粘膜に直接金属が当たったり引っ掛かるため、慣れるまではかなりの痛みを伴い、口内炎になることもしばしば。
また、金属アレルギーを引き起こしてしまう方もいます。これがインビザラインだと、金属を使用していない上、一つのマウスピースによる歯の移動量も決められているため、ほとんど痛みを感じることなく矯正が進んでいきます。

【日常生活における負担】

毎日必ず行うのが歯磨き。前述したように、従来の矯正は装置を外すことができないので、どうしても磨き残しをしてしまいがち。放置しておくと、虫歯治療の為に歯医者さんにお世話になってしまいかねません。しかし、こちらもインビザラインだと楽々。外したマウスピースも歯磨きでブラッシングできるので、しっかりとメンテナンスさえしていれば、常に口内を清潔に保つことができます。ただし、つい楽だからといって長時間マウスピースを外したままでいると、正しく矯正が進まず、治療期間が長引いてしまいます。一日最低20時間以上はマウスピースをつけた状態でいることが望ましいようです。

【金銭面の負担】

インビザラインは、オーダーメイドで作られる矯正装置ということもあり、一般的には従来の矯正よりも費用は高くつきます。しかし、インビザラインに力を入れている歯科医院の中には、従来の矯正よりもリーズナブルな価格でインビザライン治療を提供しているところもあるようです。実際に矯正を考える際には、適切で信頼のおける歯医者さん選びをすることも重要です。

^