歯科コラム

Column

歯列矯正の治療効果が出やすいのは大人と子供どっち?

歯列矯正の治療効果が出やすいのは大人と子供どっち?
歯列矯正は年齢問わず可能な治療方法です。しかし、実際にどれくらいの治療効果が期待できるのか心配だという声や、本当に大人になってからの歯列矯正でも効果が実感できるのかという声も多くあります。今回は子供、大人それぞれの歯列矯正の違いとメリットについてお話しします。ご自身の歯列矯正をお考えの方も、お子さんの歯列矯正についてお考えの方もぜひ参考にしてみてください。

◆子供と大人の歯列矯正の違いとは

子供の歯列矯正の場合、骨格矯正と呼ばれている「一期治療」と歯列矯正の「二期治療」に分かれます。一期治療の目安年齢は6歳ごろから小学生低学年ごろまでとなります。まだ永久歯が生えそろっていない段階で行いますので、上下の顎の骨のバランスを整えることができます。その後、永久歯が生えそろった段階で二期治療に進むか、もしくは一期治療で終了するかを選ぶことができます。また子供の二期治療と、大人の歯列矯正は同じ意味合いとなります。噛み合わせや歯並びを整え、最終仕上げを行い、治療後の定期検診を行う流れはどちらも同じです。

◆子供の歯列矯正のメリット

子供の歯列矯正のメリット
永久歯が生え揃う前までの子供の歯列矯正のメリットは、顎の骨のバランスから矯正することができる点です。顎の成長をコントロールすることで、二期治療の際の抜歯の可能性が減る、噛み合わせをよくするための手術の可能性が減ると考えられます。また、一期治療を済ませておくことで二期治療段階では、矯正装置をつける期間が短くなり、お子さんの精神的負担も和らげることができます。

◆大人の歯列矯正のメリット

大人の歯列矯正は、顎の形状を変化させることはできませんが「噛み合わせを整える」「歯並びを美しくする」などの治療効果を感じることが可能です。今まで歯がコンプレックスになり、自信が持てなかったけれど歯列矯正を終えてイキイキと日常を過ごしているという方も多数いらっしゃいます。

◆年齢問わず、治療効果が期待できます

歯列矯正の治療効果には、年齢は関係ありません。もちろん早くスタートした分だけ、残りの人生を美しい状態で過ごすことができる可能性は高まります。今現在、お子さんの歯並びが気になっている方や、ご自身の歯について悩んでいるという方は、まずは歯医者さんに相談してみませんか。現在、矯正歯科を専門とする歯医者さんが増えています。また歯列矯正では、特に「初診の相談」に力を入れている歯医者さんが多く、納得できるまで何度でも質問することができる歯医者さんも多いでしょう。大切な自分の歯の未来のこと、改めて考えてみませんか。
^