歯科コラム

Column

補綴物の種類とそれぞれの役割

補綴物の種類とそれぞれの役割
補綴物には様々な種類があり、その種類によっての役割も異なります。今回は補綴物の種類とそれぞれの役割について詳しくお話ししていきます。歯の治療技術は、日に日に進化しているものです。新しい知識を取り入れ、ご自分に合う歯医者さんを見つける際にぜひ参考にしてみてください。

◆銀歯=金銀パラジウム合金

いわゆる「銀歯」に使われている素材がこの金銀パラジウム合金です。口腔内では金属色が目立ちやすいこともあり、奥歯などの目立ちにくい場所に使われることが多い素材です。健康保険適用範囲内のため安価での治療が可能というメリットがあります。また、保険適用範囲外ではありますが、金の比率が上がり白金が含まれる高カラット金銀パラジウム合金の場合、より天然の歯に近い硬さにすることが可能です。奥歯には強い力がかかるため、噛み合う歯を傷つけないための配慮も含めて選ぶと良いでしょう。

◆保険適用内・保険適用外の補綴物

保険適用内・保険適用外の補綴物
前歯のように、特に目立つ場所に使われる補綴物が「硬質レジン前装冠」です。前歯に限り保険適用範囲内となり、安価での治療が可能です。ただし金属の上にプラスチックをつける仕組みになっていますので、変色しやすい点には注意が必要です。その他、保険適用外の補綴物には次の種類があります。

■ハイブリッドセラミック
セラミックと硬質プラスチックを混ぜて作られているため、硬質レジンよりも強度が増しています。金属の使用有無を選ぶことも可能です。

■セラミック
金属にセラミックを焼き付けるタイプと、金属を全く使わないオールセラミックタイプがあります。オールセラミックの場合、金属アレルギーをお持ちの方も使用できる他、変色や劣化の心配も少ない点もメリットです。

■ジルコニア
セラミックの中でももっとも硬い素材であるジルコニア。噛み合わせの力が強くかかる奥歯のような場所にも適しています。主に奥歯に使われますが、他の部位でも使用が可能です。

◆優先順位を考えた補綴物選びを

あなたの歯の治療の優先順位は何でしょうか。補綴物によって、果たす役割は大きく異なります。例えば価格を抑えたいのであれば保険治療が良いですし、審美性・強度・耐久性など優先したい物によって、お勧めの補綴物も変わります。まずはご自分の優先順位と向き合った上で、歯医者さんに相談してみましょう。各補綴物のメリット・デメリットと自分の歯に合うかどうかを聞いた上で選ぶことで、より納得のいく治療を行うことができるはずです。
^