歯科コラム

Column

歯並びが滑舌にも影響していた!

歯並びが滑舌にも影響していた!
滑舌には、舌の長さや歯の形状・歯並び・咬合が関係しています。滑舌が悪いことを気にしている人は人前で話すことが苦痛になることがあるかもしれませんね。周りの人に指摘されるという人も多く、コンプレックスに感じてしまうこともあるお口の悩みの代表例と言えるでしょう。滑舌には舌の長さや歯の形状・歯並び・咬合が関係しています。では、滑舌を悪くしている原因は何なのでしょうか?自分でできる対策はあるのでしょうか?さらにどの発音が滑舌の良し悪しに影響しているのか詳しく見ていきましょう。

◆滑舌の良し悪し

滑舌は人と会話をするときに必要不可欠のものです。そして、第一印象に大きく影響する大切な要因の一つです。滑舌が悪いからといって、気にすることはありませんが、営業職など人と活発にコミュニケーションする仕事などでは多少は滑舌が良い人との差は出てくることもあるかもしれません。解決できる要因であれば早期に改善して、滑舌を向上させてみましょう。

◆滑舌に影響するもの

滑舌に影響するもの
滑舌は、会話をするときに発生する音の綺麗さを表しています。滑舌が良ければ綺麗に聞こえ、滑舌が悪いと聞き取りにくくなります。

■舌の長さ
舌の長さは滑舌に影響してきます。舌には舌小帯という紐のようなものがついています。舌小帯があるおかげで舌は伸びすぎず適度な長さを保っています。この舌小帯が短すぎる場合があり、舌が思うより動かないので滑舌が悪くなってしまいます。

■顎の形
特に下顎が大きい、いわゆるしゃくれという状態です。しゃくれになっていると「サ行」の発音が不明瞭になりやすいです。

■歯並び
上顎の前歯は「サ・タ・ナ・ラ行」に関係します。この行は全て舌を前歯裏につけて発音しますが、歯並びが悪いと前歯の裏ではなくその近くの歯に接触しなければいけないです。

■唇
唇も滑舌には関係しています。特に「ハ行」の発生には唇が大きく関わっています。

◆自分でできるトレーニング

自分は、歯並びが悪く、さらに滑舌も悪いと感じたらどうしたらよいでしょうか。

■舌の運動
舌の動きの悪さも滑舌には影響してきます。自分でできる範囲でよいので舌の運動をするようにしましょう。

■矯正治療
これは自分でできるものではありませんが、歯医者さんへ行き矯正治療の相談をしましょう。前歯だけの矯正ならば治療期間も短く、費用も抑えることができます。

■歯磨き
前歯の歯並びだけではなく前歯が虫歯などで欠損しても滑舌に影響を与えます。虫歯にならないためにも歯磨きをするようにしましょう。

^