歯科コラム

Column

自分でもできる?正しい歯石取りの流れと注意点

自分でもできる?正しい歯石取りの流れと注意点
歯石は口臭の原因になるだけでなく、歯周病などの歯周疾患を進行させる原因にもなります。歯石取りに歯医者さんへ通っている人もいるのではないでしょうか。歯医者さんでは、いろいろな器具を使って除去している気がするけど、頑固にこびりついた歯石じゃなければ自宅で歯石を取ることはできそうな気がする…。果たして歯石は自宅でとれるのでしょうか…?

◆歯石を自分で取るのは大変

歯石を自分一人で完全に除去するのは、とても難しいです。それは歯石の成分や状態が関係してきます。歯石は「石」と呼ばれるだけあって、とても硬いです。しかし、最初から硬かったわけではありません。最初はプラークとして歯に付着します。プラークなら聞いたことある人もいますよね。プラークは黄色くて柔らかいです。食べかすを細菌が分解する過程で産生されます。歯に付着していると細菌の栄養源になるので虫歯を作りやすくなり歯ブラシでの除去が必要です。プラークは歯ブラシで除去できますが、歯石になると除去できません。歯石になる前に歯ブラシで除去してしまいましょう。

◆歯石が硬い理由

歯石が硬い理由
プラークは歯ブラシで除去できるのに、歯石になると、なぜ硬く除去しにくくなるのでしょうか。歯石は唾液中のリン酸イオンとカルシウムイオンと付着することにより、硬くなります。この2つの物質はプラークと付着すると、石灰化という石のように硬くなる現象を起こします。この期間は2日で終了するとも言われていて、プラークを2日放置すれば歯石が出来上がるということです。歯石は主に下顎前歯の裏側にできやすいです。この部位は舌がよく当たるので、必然的に唾液もよく触れている部位といえます。

◆自分で歯石を取るには

では、自分自身で歯石を取るにはどうしたらよいでしょうか。まず基本の考え方として、毎日歯磨きをして歯石を作らないようにしなければいけません。そして歯石ができていないか、できてしまっていたら歯石を取ってもらいに歯医者さんへ行くという考え方に改めましょう。歯石はみなさんの想像以上に硬く、歯ブラシ程度では除去できません。それを無理に取ろうとゴシゴシ磨いてしまえば歯茎を傷つけることにつながります。無理に自力で取ろうとしないでください。歯医者さんでは歯石を取るときに超音波を使って取ります。歯石が付いていた歯の表面はざらざらとしているので、滑沢にする処置も行います。この処置を行うことでプラークが歯につきにくくすることができます。
^