歯科コラム

Column

印象が悪くなる!歯の黄ばみを予防する歯磨き習慣!

印象が悪くなる!歯の黄ばみを予防する歯磨き習慣!
歯は白色という印象を持っている人は多いです。逆に歯が少し黄色い人を見ると「不潔」という印象を持ちませんか?人の第一印象は恐ろしいもので、そのあとも付き合っていく中で第一印象が先行することも少なくはないです。
歯の黄ばみは着色汚れの中でも不潔なことも多いですが、中には毎日歯磨きをしているのにも関わらず黄色に着色している人もいます。
歯が黄色くなってしまった人はどのような歯磨きをすれば綺麗になり予防につながるのか、そして歯がなぜ黄色く着色するのかについて紹介していきます。

◆歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなるにはどのような理由があるでしょうか。大きく分けると3つあります。

■生まれつき
歯にはエナメル質と象牙質という2層があります。そのうちエナメル質は硬く透明で、象牙質はエナメル質よりかは黄色みがかかっているのです。象牙質の厚みは人それぞれで異なり、象牙質が生まれるき厚い人はエナメル質の厚みが相対的に薄くなるので黄色い歯に見えてしまいます。

■飲食物の影響
食べ物の中でもカレーや沢庵・コーヒー・お茶は歯に着色汚れをつけやすいことで有名です。またラズベリーやクランベリーなど「ベリー系」の果物も着色を引き起こしやすいです。

■タバコ
タバコに含まれているヤニは歯に着色を引き起こしやすいことで有名です。喫煙をしていると壁紙まで変わってしまうのでタバコの煙の汚さはみなさん分かっていますよね?

◆着色を落とすには

着色を落とすには
歯についてしまった着色汚れに関してどうしたらよいでしょうか。

■歯磨きをする
歯磨きをするときは歯に対して直角に歯ブラシのブラシをあてます。そして力強く磨いてしまうと歯や歯茎を傷つけることになるので優しい力で磨くようにしましょう。

■食後すぐに口をゆすぐ
着色しやすい飲食物を摂取してもすぐに口をゆすげば問題ありません。

■ホワイトニング
着色成分を分解し歯を元通りの白さにしてくれます。ただし、象牙質が厚い人はホワイトニングをしても効果があまり得られませんので注意してください。

■禁煙
タバコを止める機会がある人はやめるようにしましょう。

◆プロの検診も受ける

歯は白ければそれで問題ないとは言えません。虫歯になれば歯医者へ行き治療しない限り治らないからです。数ヶ月に1度で良いので歯科医院へ行き定期検診をしてもらうようにしましょう。
その際に、歯のクリーニングもして貰えばより着色汚れが取れますよ。そして仕上げには歯の表面をツルツルにするポリッシングというのをやってもらいましょう。
^