歯科コラム

Column

綺麗な白い歯のために!自宅でできる歯のケア方法

綺麗な白い歯のために!自宅でできる歯のケア方法
口元からこぼれる真っ白な歯は、見る人に好感を与えますよね。もしも、歯が黄ばんでいたとしたら…それだけで清潔ではないイメージを持たれてしまうのではないでしょうか。では、綺麗な白い歯を手にいれるためにはどうすればいいのでしょう。そこで今回は、自宅でできるホワイトニングや、ケアの方法を解説いたしましょう。

◆まずは歯磨き!

歯磨き粉を「ピロリン酸ナトリウム」という成分の入った汚れを浮かせて洗い流すタイプのものに変えてみることで、手軽にケアを行うことが出来ます。ホワイトニングの薬剤に比べれば効果はあまり期待できませんが、アメリカ製の歯磨き粉には、歯医者さんで使用するようなホワイトニング剤が含まれていることがあります。ただ、いくら歯を白くしたいからといって、歯ブラシで強く磨きすぎるのはNGです。歯の表面が傷つき、余計に着色しやすくなってしまいます。

◆ホワイトニングテープを知っていますか?

専用のテープを1日に1度、水のみで歯磨きをした後に、歯の表面に張ります。そして、30分ほど経ったら剥がすというものです。アメリカでは薬局にも置かれているので、使用している人は多いかもしれませんが、日本ではまだ馴染みがありませんね。ネットなどで購入できて値段も手頃なので、ご自宅で手軽にホワイトニングを始めたい方には適しているでしょう。ただ、やはり歯医者さんのホワイトニングに比べればやはり時間がかかり、効果は薄めです。また、30分以上使用し続けると知覚過敏になる恐れがありますので、注意が必要です。

◆ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
ホワイトニング専用のマウスピースに専用のジェルをぬって、歯にかぶせるというものです。これは、歯医者さんできちんと診察を受けてマウスピースを作ってもらう必要がありますが、ホワイトニングとしてはとても効果の高い方法です。個人差がありますが、2日ほどで効果を実感でき、2~4週間ほどで真っ白な歯を手に入れることが出来ます。1度マウスピースを作ってしまえば、その後も定期的にケアを行うことが可能です。ジェルは歯医者さんで購入しましょう。ただ、これは天然の歯だけ白くなり、被せてあるものには効果はありません。

◆これはやってはいけない!

重曹で歯を磨く、レモンを歯に擦り付ける…など、間違った噂もあります。このようなことは絶対にやってはいけません!重曹は歯の表面を傷つけてしまいますし、レモンはエナメル質を溶かしてしまします。間違った情報に惑わされ、大切な歯を傷つけないよう、行きつけの歯医者さんで、しっかりと歯のケアを行っていきましょう。
^