歯科コラム

Column

入れ歯よりもオールオン4をおすすめしたい理由

入れ歯よりもオールオン4をおすすめしたい理由
歯を失った人の対策として、これまでは入れ歯や総インプラントによる治療が主流とされてきました。しかし、入れ歯や総インプラントは見た目の問題やその後の取り扱いなどについて様々な問題も挙げられていました。そこで、これらに変わる治療法としてオールオン4という方法があるのです。今回はこのオールオン4についてご紹介していきます。

◆歯を失った人への新しい選択肢オールオン4

オールオン4とは、最低下顎に4本、上顎に4~6本のインプラントを埋め込み、それらで歯茎全体を覆うような人工歯のブリッジを固定する治療です。驚くべきことに、この治療は即日治療が可能で、1日で噛む力を美しさを保ったまま取り戻すことができるのです。

◆従来のインプラントや入れ歯との違いについて

従来のインプラントや入れ歯との違いについて
従来の治療法との違いをご紹介していきます。まず、従来のインプラント治療との違いは、インプラントの本数がオールオン4の方が少なく済むという利点があります。そのため、コストも比較的リーズナブルで取り組みやすいのです。また、見た目についてもオールオン4の方が格段に良いという点が1番の利点であると言えます。1本1本が別々のインプラントで歯茎から若干人工歯が浮いてしまっているように見えがちだった従来の治療と比較すると、オールオン4は非常に整った見栄えになります。
次に、入れ歯との違いです。入れ歯は食べ物が間に挟まってしまったり、自分の歯茎に固定されているわけでは無いため硬いものが噛めなかったり、様々なトラブルが生じる場合があると言われていますが、オールオン4であればそのような悩みも解消することができます。

◆オールオン4の治療方法とその流れについて

では、オールオン4は、具体的にどのような流れで治療がなされるのでしょうか。先に紹介をしたように、オールオン4は1日での治療が可能なため前日までは今まで通り過ごすことができ、治療後はすぐその日から埋め込まれた新しい歯によって食事をすることができるのです。
当日に装着するのは仮の歯なので、これをつけて約半年ほど過ごします。そうすることでインプラントを馴染ませるのです。しっかりと馴染んだ後に、仮の歯よりも装着に少し時間がかかる本来のオールオン4の歯を装着します。これで完成です。
オールオン4はすべての歯医者さんで治療をしてもらえるわけでは無いため、気になる方は、ぜひインターネットなどで治療が受けられるお近くの歯医者さんを調べてみてください。
^