歯科コラム

Column

口臭が気になる?詰め物が原因かも?対処法は?

口臭が気になる?詰め物が原因かも?対処法は?
詰め物や被せ物から何だか嫌なニオイがする気がしませんか?何も問題がないとしても、被せ物や詰め物が古くなって内部が虫歯になっているということもあり、それが原因で口臭がひどくなることもあります。
ここでは、口臭が気になる方の原因と、その対処法についてご紹介したいと思います。

◆銀歯や被せ物・詰め物が古い

一見、キレイに治療した歯であるので見た目に特に問題なさそうに見えるのですが、銀歯や被せ物、詰め物から口臭が発生していることがあります。銀歯や被せ物、詰め物は、もともとある歯に適合させた上で治療していますが、長い年月が経過することで歯の隙間に虫歯ができプラークが付きやすいことで口臭の原因になることが多いと言われています。また、銀歯が古くなると歯の内側が虫歯となり、そこにバイ菌が繁殖、腐敗を起こすため腐ったニオイや酸っぱいニオイを発してしまいます。

◆銀歯や詰め物、被せ物が元の歯と合っていない

銀歯や詰め物、被せ物が元の歯と合っていない
銀歯や詰め物、被せ物が自分の歯ときちんと適合していない場合は、その隙間から虫歯になったり歯周病になる可能性が高いのです。それは、差し歯も同じであると言えます。また、差し歯と歯根の間にできた隙間にプラークが付くと歯肉炎になり、歯周病の原因にもなります。
その他、技工士さんの技術には問題なくとも型取りが悪い場合は、元の歯に銀歯や詰め物、被せ物が自身の歯にきちんと適合してくれないこともあります。そうすると、歯と詰め物の間に隙間ができ差し歯と同様のことが起こります。

◆詰め物や被せ物からニオイがする場合の対処法

銀歯や詰め物・被せ物からニオイがする場合は、虫歯になっている可能性が高いのでそのまま放置せず、すぐに歯科医院へ行きましょう。治療の際は、一旦銀歯や詰め物、被せ物をはずし虫歯が進行していれば、まずそれらに適切な治療をし、再度、歯に適合した歯を被せる治療を行います。歯根の先まで虫歯菌に侵されている場合は、治療が難しくなったり、長期治療期間が必要となることもあるため放置せず、すぐに歯科医院へ行くことが大切です。痛みがないからと放置することで歯がダメになり、治療どころか抜歯しなければならない場合もあるため注意が必要です。
また、虫歯を放置すると他の健康な歯にまで虫歯菌が感染し、あらゆる歯に虫歯が生じてしまいます。何よりも、いつもよりも口臭がしていると感じる場合は、自分一人で悩むよりも歯科医院へ行かれることをオススメします。
^