歯科コラム

Column

詰め物・被せ物が取れた!そのまま放置しておく危険性は?

詰め物・被せ物が取れた!そのまま放置しておく危険性は?
虫歯治療を行う際、詰め物や被せ物をしたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。また、その治療後、数年経過してからそれらが外れてしまったり、割れることで再び歯科医院で治療をしたという方もいることでしょう。しかし、そのまま放置した場合にどのような危険性があるのでしょうか?
今回は、詰め物や被せ物が取れたまま放置する危険性や起こる問題についてご紹介したいと思います。

◆虫歯になる

詰め物や被せ物が取れた歯は、象牙質がむき出しになってしまいます。本来は、歯の表面にエナメル質がありこのエナメル質が歯を守ってくれます。しかし、詰め物や被せ物をする時は、一般的には歯を削ることになります。これによってエナメル質は失われてしまい、象牙質がむき出しの状態となってしまい、虫歯にもなりやすくなると言う訳です。

◆歯が割れる可能性がある

詰め物や被せ物が取れた状態の歯は弱く、咀嚼力によっては簡単に歯にヒビが入ってしまいます。もしも歯が割れてしまうと割れた状態によりますが、歯の神経を抜く必要があるケースもあるのです。また、歯の根元付近までヒビが入ってしまうと処置ができず、抜歯する他なくなることもあります。抜歯ということは、当然、自分の歯を失うことになり永久歯であるからこそ、もう二度と自分の歯を取り戻すことはできません。このような場合は、入れ歯で対応するかまたはインプラント治療に踏み切る他ありません。このことから、詰め物や被せ物が取れたまま放置することで自身の歯を失う危険性もあることを理解しておいてください。

◆熱いもの・冷たいものを飲食できない

熱いもの・冷たいものを飲食できない
詰め物や被せ物が取れた歯は、象牙質がむき出しになっているため熱いものや冷たいものを食べたり飲んだりすることでそれが刺激となって、痛みを生じるようになります。いわゆる知覚過敏が起こると思ってください。そもそも、象牙質には象牙細管と呼ばれる管があり、これが神経と繋がっているため詰め物や被せ物が外れた歯は、直接神経に痛みが伝達しやすくなっているのです。

◆詰め物や被せ物が取れる原因は

詰め物や被せ物が取れてしまう原因として挙げられることは、
●虫歯になっている
●セメントが劣化している
ことが挙げられます。
直接的によくある原因としては、患部が虫歯になってしまい詰め物や被せ物が浮いて取れてしまうというケースです。その他、長年被せ物や詰め物をしていることでそのセメントが寿命となり劣化したことで取れたという可能性もあります。
治療後、ある程度年数が経過していることでセメントの接着は剥がれ、詰め物や被せ物にも劣化が起こることは致し方ありません。これらの寿命については、見た目には分からないことが多いため進んで定期健診を受けるようにしましょう。
^