歯科コラム

Column

差し歯はホワイトニングできない?白くする方法は?

差し歯はホワイトニングできない?白くする方法は?
治療したてのころは白くきれいだった差し歯が、他の歯より黄ばみ目立ってきた…とお悩みの方も少なくないはず。それもそのはず、差し歯はレジンという物質から作られており、レジンの性質が変化することで変色するため、歯磨きをいくら頑張っても差し歯の黄ばみを落とすことは出来ません。また残念なことに、天然歯のようにホワイトニングの治療を行なっても、差し歯は白くなりません。では変色してしまった差し歯、どのようにすれば元のきれいな白い差し歯に戻すことができるのでしょうか?今回は変色してしまった差し歯を白くする方法について紹介します。

◆歯のマニキュアを行う

歯のマニキュアとは、塗料を歯の表面に直接塗る方法で、元の歯を削る必要がありません。歯のマニキュアは市販のマニキュアを自分で行う方法と、歯医者さんでマニキュアを施術してもらう方法の2種類があります。市販のマニキュアはコストを抑えることができ、自分のタイミングで行うことができますが、色ムラが出やすいです。一方、歯医者さんで行うマニキュアはコストはかかるものの、色の種類も豊富で色ムラの心配がありません。

◆セラミック製の差し歯

差し歯の交換の際に、差し歯の材質をレジン製からセラミック製に交換することで、レジン製よりも長持ちさせることができます。セラミックは天然歯の質感と類似しており、性質が着色や変色をおこしにくいです。お値段はセラミック製の方がレジン製よりかかりますが、何度も交換するならセラミック製の方がお得になります。

◆歯医者さんで歯のクリーニングを受ける

歯医者さんで歯のクリーニングを受ける
歯医者さんで行う歯のクリーニングでは、差し歯のレジンそのものの変色を変えることはできませんが、差し歯の表面についた汚れを落とすことは可能です。歯医者さんで歯のクリーニングを受けることで、差し歯の表面についた汚れを落としてもらえるうえに、他の歯の状態も見てもらえます。また、クリーニングを受けるときに歯のマニキュアや差し歯の交換の相談を行うのも良いですね。

◆セラミック製の方がおススメ

これから差し歯の治療を受ける場合で、お財布に余裕のある方や見た目を重視する方は、セラミック製の差し歯を選ぶ方がおススメでしょう。またレジン製の差し歯の場合、金属を後ろに使用するため、金属の成分が溶け出すことによって歯や歯茎の黒ずみの原因となることがあります。セラミック製の差し歯は金属を一切使用しないので、このような問題の心配がありません。ぜひ先生と相談して良い方法を見つけましょう!
^