歯科コラム

Column

歯磨きしても口臭が消えない!口臭の原因は?

歯磨きしても口臭が消えない!口臭の原因は?
歯磨きを入念にしていても口臭に悩まされている方はたくさんいらっしゃるかもしれません。実は、歯磨きをしたからといって口臭が消えるわけではありません。なぜ歯磨きだけでは口臭は消えないのでしょうか?今回は口臭がしてしまう原因を紹介します。

◆細菌が生み出す口臭の原因

歯の表面を爪でこすってみると白い物体が付着しませんか?この白い物体の正体は、プラークです。プラークとは歯の表面に付着しているネバネバした細菌のかたまりです。しかしプラークは歯の表面だけでなく、舌の表面や喉の奥、歯と歯茎のすきまにも付着します。細菌は私たちの摂取する食べかすを餌として繁殖しますが、食べかすに含まれるたんぱく質を分解ときに口臭の原因となるイヤな臭いを作ります。

◆歯磨きだけでは細菌は落とせない!

歯磨きをしても口臭がする原因の多くは、舌苔です。歯磨きはあくまで歯の表面に付着したプラークしか落とすことはできません。「歯を磨くときに舌もきちんと磨いている」という方も多いかもしれませんが、正しい舌みがきをしないと舌を傷つけてしまいかえって口臭の原因となります。舌みがきは奥から前にかけて優しくなでるように行いましょう。

◆細菌が落ちにくい場所とは?

細菌が落ちにくい場所とは?
歯と歯茎のすきまが広がっている状態を歯周病といいます。歯周病では歯ブラシの毛先が溝に届かないため、奥深くに入りこんだプラークが十分に落ちません。広がった歯と歯茎のすきまにあるプラークは歯医者さんで行うクリーニングによって取ることができます。また喉の奥にもプラークは付着しますから、歯磨きの前後にうがいをしてあげると良いでしょう。

◆全身疾患でおこる口臭

口臭はお口の中のトラブルのみが原因でないことがあります。お口と場所が近い鼻の病気や、糖尿病や肝臓・腎臓などの内科疾患、精神的ストレスなど全身の病気があると口臭の原因となってしまいます。これらの場合、どんなに歯磨きや舌磨きを行っても口臭がなくなることはありません。口臭の原因となっている病気の治療を改善する必要があります。

◆口臭の7割は「お口の中のトラブル」

口臭がおこる原因は様々ありますが、口臭の7割の原因は、お口の中で起きているトラブルです。歯磨きだけでは口臭の原因となっている細菌は落ちません。「どんなに歯磨きをしても口臭が気になる!」という方は、歯磨きのときにまずはうがいや舌磨きを取り入れてみてはいかがでしょうか?もしかするとちょっとした工夫で口臭が減るかもしれません。
^