歯科コラム

Column

妊娠中に親知らずが痛んだら?治療法とリスク

妊娠中に親知らずが痛んだら?
妊娠すると女性の体に大きな変化が起こります。お腹が大きくなるのはもちろんのこと、つわりなどで普段はなんでもなかったことが辛く感じたりすることもあります。歯科に関しても同様で、今までなんでもなかった親知らずが急に痛み出すということもあります。「妊娠中に虫歯や歯周病になりやすくなった」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、実はこれにはきちんとした理由があるのです。

◆妊娠中に親知らずが痛むのはなぜ?

親知らずが痛む原因は、すべてが妊娠に関係しているというわけではありません。親知らずは、磨き残しが原因で虫歯になることで痛みが起きたり、生え方が原因で痛みが起きます。妊娠中は女性ホルモンが増加します。これにより、唾液の性質が変化し虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。もともと一番奥に生えている親知らずは歯磨きがしにくいので、口内環境の変化によってさらに虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。妊娠中はホルモンバランスが変化することによって歯が痛むことがあるということですね。

◆妊娠中の親知らずの治療

妊娠中の親知らずの治療
妊娠中はあまり薬を飲まない方が良いということは皆さんご存知でしょう。だからと言って、耐えられないような痛みを我慢して過ごすことは体によくありません。妊娠中でも歯科を受診することは可能です。その際は、体調のいいタイミングで受診し歯医者さんに妊娠中であることを伝えましょう。
妊娠中に親知らずが痛んだ場合の治療として、歯医者さんではできるだけ抜歯を行わずに対処します。洗浄や消毒をし、体に影響の少ない抗生物質や炎症を抑える薬を処方します。
もし、それでも我慢できないほどの痛みがある場合は、安定期に入って体調が落ち着いてから抜歯を行うこともできます。抜歯の際は、お腹の中の赤ちゃんに影響のないレントゲンや薬を使うので、大きな心配はありません。

◆妊娠前に抜歯もいい

妊娠期間は10ヶ月ほどですが、出産後も赤ちゃんがまだ小さいうちは歯医者さんに通うことが難しいかもしれません。授乳が1年近く続けば、その期間は薬などに注意が必要になります。親知らずがもともと生えていて違和感を感じる場合は、妊娠前に一度歯医者さんで診てもらうと良いでしょう。また、まだ生えていなくても歯茎の中で他の歯を圧迫してしまう可能性も0ではありません。親知らずの状態は歯科のレントゲンで確認することができます。妊娠中は体調管理に気を使わなければならないので、事前に対処できることは済ませておくと安心ですね。
^