歯科コラム

Column

金属アレルギー負担がなくなる!金属アレルギーの方の為の矯正「セレック治療」

セレック治療
虫歯などで歯を削った際、修復として歯につめものやかぶせものをしますよね。その時にもっともよくつかわれるのが銀歯です。しかし、金属アレルギーをもった方は銀歯をかぶせることはできません。銀歯は保険適用内の治療なので費用負担は少なく済みますが、金属アレルギーの方が歯の修復につめものやかぶせものをしようとなると、どうしてもセラミックに頼ることになります。オールセラミックの修復物は、歯科技工士の高い技術と時間が必要になるので、治療費は高額になってしまいます。さらに、オールセラミックは保険適用外の自由診療にあたるため、保険が適用されず治療費負担はかなりのものになるのです。これまで、金属アレルギーが原因で歯の治療費負担に関して悩んできた方は少なくないでしょう。今回ご紹介する内容は、そんな金属アレルギーの方にとってはとても朗報です。実は今、金属アレルギーの方でも安心して治療できる最新技術が注目されているのです。

◆金属アレルギーでもOKの保険適用内の治療法があります

歯のつめものやかぶせものは、ご存知のとおり銀歯が主流です。保険が適用されるため治療費もおさえられ、製作自体も比較的簡単に行うことができるので、よく治療に用いられます。しかし、金属アレルギーの方にとっては、銀という金属素材ゆえに長年の悩みでもありました。そこで最近とても注目されているのが、「セレック治療」とよばれるものです。セレック治療では、つめものやかぶせものといった歯の修復物に金属を使いません。修復物をオールセラックでつくる治療法なのです。
「あれ?オールセラミックはとても高額で保険がきかないのでは?全然朗報じゃないじゃない!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。それが、セレック治療ならオールセラミックの歯をこれまでの半分程度の費用負担で手に入れることができるという、まさに驚きの最新技術であるのです。

◆オールセラミックの歯がこれまでの半額程度でつくれる理由

セレック治療は、セラミックで歯の修復物をつくる治療法です。これまで高額だったオールセラミックの歯ですが、セレック治療ならその半額程度の負担におさえることができます。費用がおさえられる理由は、その治療方法にあります。

■セレック治療のながれ
セレック治療は、これまで歯の修復物をつくる際に必要だった「歯型をとる」「歯型を歯科技工所へ送る」「歯型をもとに歯科技工士が修復物を作成する」という主な3つの工程を必要としません。セレック治療は、ほぼすべての工程をコンピューターと加工機で行います。
まず、虫歯の治療などで削った歯を、3D光学カメラで撮影します。ほんの数秒の撮影で、削られた歯とその周りの歯の3D映像がモニターに映し出されます。モニター上で歯の形や歯並び、かみ合わせなど様々な角度から調整をおこない、理想的な形の修復物を設計していきます。修復物の設計が終わったら、いくつもの種類の色があるセラミックブロックから、患者さんの歯の色に最適なセラミックブロックを探します。セラミックブロックが決まったら、いよいよ加工に入ります。ミリングマシンと呼ばれるセラミック加工機で先ほどモニター上で設計した修復物のデータをもとに精密に修復物を作製していきます。修復物が完成したら、あとはそれを削った歯の部分にセットして治療は完了となります。歯を削ってから修復物をセットするまでは、約1時間。1回の診察・治療ですべての工程を終えることができるのです。

■セレック治療はムダがない
「歯型をとる」「歯型を歯科技工所へ送る」「歯型をもとに歯科技工士が修復物を作成する」という主な3つの工程が必要ないセレック治療は、その分費用を格段におさえることができます。歯型をとるための薬剤も必要ありませんし、歯科技工士さんの高い技術と時間を要することもありません。必要なのは、3D光学カメラや専用コンピューター、加工機だけです。これまで治療・修復物のセット・経過観察と2~3回は必要だった歯医者への通院も、1度にすべての工程が終わってしまうセレック治療であれば1回だけで済んでしまいます。歯科技工士さんの高い技術や製作時間が必要ないだけで、大幅に費用を抑えることができますし、通院回数も1回で良いのでその分の診察費も削ることができます。セレック治療には、費用や手間に関するムダがほとんどないというのも大きな特徴です。

◆金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひ検討してみてください

金属アレルギー
これまでとても高額で悩みのたねだったオールセラミック。虫歯治療にもとても慎重にならざるを得なかったことと思います。保険適用とまではいかないものの、セレック治療であればオールセラミックの歯がこれまでの半額程度で手に入ります。虫歯治療でつめものやかぶせものなどの修復物が必要になった場合も、半額ほどの費用で修復物をつくることができるようになるのです。通院回数も手間もごく最小におさえられるセレック治療。金属アレルギーの方にとっては、まさに朗報というべき最新技術ではないでしょうか。
^