ネット予約
092-753-9113
新型コロナウイルスの感染予防対策について
IMPLANTインプラント

オールオン4(All-on-4)

オールオン4

オールオン4は、ほとんど全て歯を失ってしまった方、総入れ歯が合わずにお悩みの方にとって最適とも言えるインプラント治療法です。歯をほとんど、もしくは全て失ってしまっている場合、失った本数全てをインプラントで補おうとするのは、体力的、金銭的に大きな負担がかかるため、あまり現実的ではありません。かと言って、入れ歯という選択肢は、なかなか馴染まない方もいらっしゃいます。

このような場合におすすめしたいのがオールオン4という治療法です。オールオン4は、最少本数4本というインプラント本数で、上顎、もしくは下顎の全ての人工歯を支えて、手術を行ったその日から噛めるようになるインプラント技術です。

オールオン4はこんな方におすすめ
  1. 歯を全部失った方
  2. 歯が全体的にボロボロな方
  3. 総入れ歯が合わなくて困っている方
  4. 顎の骨が足りずにインプラントを断られたことのある方
  5. インプラント手術の負担を軽くしたい方
  6. リーズナブルにインプラントで治療したい方
  7. なるべくすぐに歯を入れたい方

オールオン4ってどんな治療法?

オールオン4

オールオン4は片顎最少本数4本のインプラントを埋め込み、連結した人工歯を支えて見た目と機能の回復ができる治療法です。

従来のインプラントの問題点
従来のインプラントの問題点

従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の少ない部分には骨の移植をした上で骨ができるのを数ヶ月待ち、その後片顎8~14本という大量のインプラントを埋め込むのが一般的でした。

しかし、この方法だと、手術時間が長い、術後の痛みや腫れが大きい、費用がかさむという不安要素がありました。また、骨がインプラントとくっつくまでさらに数ヶ月待たなくてはならず、患者様にとって多くの不便や我慢を強いるものでした。

オールオン4で少数本数のインプラントで全体的にすぐ噛めるように
オールオン4で少数本数のインプラントで全体的にすぐ噛めるように

そこで開発されたのがオールオン4です。オールオン4は長めのインプラントを骨が比較的残っている部分へ斜めに埋め込み、力を均等に配分することにより少数のインプラントでも全ての人工歯を支えることができます。

オールオン4の技術なら、骨が残っている場所にインプラントを埋めればいいので、骨の移植などの余計な手術が必要がありませんし、長めのインプラントでしっかりと骨とインプラントが固定されるため、その日のうちに仮歯を入れることもできます。

総入れ歯のお悩みが解決
総入れ歯のお悩みが解決

従来までは歯をすべて失った場合、総入れ歯を入れる方がほとんどでした。総入れ歯も優れた治療法ではありますが、人によっては違和感を感じる方も多く、食べ物の味や温度が感じにくかったり、固定式ではないので外れたりする不安もあります。

オールオン4なら、固定式で粘膜を直接覆うことがないので、入れ歯のデメリットから開放されます。また、しっかりと固定されているので、どんなものでも噛めるので、お食事も存分に楽しむことができます。

オールオン4の特徴

1.体への負担・金銭的負担が少ない

体への負担・金銭的負担が少ない
オールオン4なら、全て歯を失っていても、片顎わずか4本〜6本というインプラント本数で全ての人工歯を支えることができますし、骨を増やす手術を避けることができるので、手術時のお体の負担や金銭的な負担を軽くすることができます。

2.固定式なので快適

固定式なので快適
オールオン4では、埋め込まれたインプラントが連結した人工歯をしっかりと固定しますので、入れ歯のように動いたり、外れたりすることがありません。また、入れ歯とは違って歯茎を大きく覆うということがありませんので、食べ物や飲み物の味や温度も感じやすく、吐き気がすることもありません。

3.審美的

審美的
オールオン4の人工歯は、全体が連結した人工歯であり、患者様のお口に合わせて理想的なバランスを考えて設計されます。そのため、装着した際にバランスの整った美しい口元が再現されます。また、歯を失った後に痩せてしまった顎の骨や歯茎の部分も、人工歯によって回復できますので、張りのある若々しい見た目にすることができます。

4.すぐに固定式の歯が入る

すぐに固定式の歯が入る
オールオン4では、インプラント手術をしたその日に固定式の仮歯を入れることが可能です。これは、骨がしっかりと残っている場所に長めのインプラントを傾斜して埋め込むというオールオン4ならではの技術により、しっかりとした固定が得られるために可能になる技術です。

オールオン4の注意点

1.手術が必要

手術が必要
オールオン4は、手術の負担が最小限で、より多くの方に受けていただきやすい治療法ではありますが、やはりインプラント手術自体は必要です。そのため、お体の状態によっては控えたほうが良い場合もあります。

2.適用にならないケースもある

適用にならないケースもある
オールオン4は、通常ではインプラントが難しいような、骨が痩せてしまっているケースにおいても広く対応できるインプラント技術ですが、あまりにも極端に骨がなくなってしまっているケースでは行えない場合もあります。

インプラントなら、歯を失う前のような快適さを取り戻すことができます!
NEWS医院からのお知らせ
COLUMN歯科コラム
コミュニケーションを大切にし明るい医院づくりに努めています
デンタルオフィス薬院では、審美歯科、矯正歯科、インプラントを中心として、一般的な歯の機能回復にとどまることない治療を行っております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
  1. ネット予約
  2. お問い合わせ
  3. お電話