予防歯科

Preventive dentistry

生涯にわたって歯の健康を保つために、
ぜひ歯が痛くなる前の定期検診をおすすめします。

いつまでも健康な自分の歯で過ごしたい。誰もがそう思っているはずです。
「虫歯予防・歯周病予防」は小さなお子様から、お年寄りまで、誰にとっても大切です。
歯の磨き方や食生活、生活習慣の指導、フッ素の利用など、様々なアプローチで虫歯や歯周病を予防します。
「予防歯科」は、痛くなってから治療へ行くのではなく、痛くならないために歯科医院へ行くという考え方です。

予防歯科

予防歯科

健康な歯の維持には、予防が一番大切です

「治療」に至らないよう「予防」をしましょう

トラブルのない口腔内環境を維持するためには、予防がとても大切。また、治療後の再発を防ぐためには、定期検診を受けることが重要になってきます。虫歯や歯周病などのお口の病気を未然に防ぐ診療メニューが予防歯科です。
虫歯も歯周病も細菌を原因とする病気ですので、病原菌が棲息する歯垢・歯石を取り除くクリーニングは有効な予防策です。また、定期的にお口の健康をチェックすることで、病気の早期発見・早期治療も可能。毎日のセルフケアでは行き届かない部分を、予防歯科の利用でカバーすることができます。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

歯科先進国といわれているスウェーデンや米国、英国では予防歯科の意識が高く、定期検診に通っている人はそれぞれだいたい90%、80%、70%、70歳での残存歯数の平均は、20本、17本、15本であるという報告データがあります。それに比べ、日本の70歳での残存歯数の平均は8本。また、定期検診を活用している人もほんの数パーセントしかいません。
このデータから、日本の多くの方が入れ歯を使っている年齢でも、歯科先進国の人々は自分の歯で生活していることがわかります。虫歯や歯周病を予防するには、毎日のセルフケアのほか、歯科医院でのケアも自分の歯を守るうえで非常に重要です。

デンタルオフィス薬院の予防歯科メニュー
PMTCによるクリーニング
PMTCによるクリーニング
定期的な口腔内のクリーニングは、3~4ヶ月に1回が目安となります。お口の中をチェックし、虫歯や歯周病の有無を確認し、歯石ができていれば丁寧に除去します。さらに必要であれば、クリーニング専用の機器で行うPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)で、ご自宅での歯磨きでは落とせない、歯の表面にこびりついたバイオフィルムや、歯の根元の部分にたまった歯垢を、微粒子研磨ペーストを使用して磨いて除去していきます。PMTCは歯周病や虫歯の予防に効果があるだけでなく、お口の中がとてもさっぱりして気持ちが良いものです。
ブラッシング指導
ブラッシング指導
予防の基本である歯磨きは、毎日正しく行えていなくては意味がありません。日ごろのクセを見直し、一人ひとりのお口の状態に合った正しい方法を指導します。毎日歯みがきをしているのに、虫歯、歯周病(歯肉炎・歯周炎)になってしまうのは、自分ではきちんとブラッシングをしたつもりでも、実際正しくブラッシングが出来てない方がほとんどなのです。「磨いている」と「磨けている」とは違います。磨きにくい場所などは、専門のスタッフがお手入れの手助けをさせて頂くプロフェショナルケアが必要です。
歯垢(プラーク)の染め出し
歯垢(プラーク)の染め出し
虫歯菌や歯周病菌が潜む歯垢は歯の色に似ているため、ちょっと見ただけではきちんと落ちているか判断が難しいところです。そこで、染め出し液で歯垢を赤く染め出し、みがき残しを確認します(数回うがいをして残った赤い部分が、歯垢が残っている箇所です)。赤く染め出された部分を確認しながら、歯みがきの仕方についてアドバイスします。
※染め出し液は食紅と同じ成分です。飲み込んでも人体に影響はありません。
定期健診
定期健診
いつまでもお口の健康状態を保つためにはご家庭でのプラークコントロールはもちろん、定期的にお口の状態をチェックしていくことが大切です。虫歯や歯周病などの病気は、発見が早ければ早いほど、治療も簡単にすみます。身体への負担も少なくなるばかりか、治療期間や費用も少なく抑えることが可能です。身体の定期的な健康診断と同じように、歯科医院の定期検診もぜひご利用ください。

一人ひとりに合わせた”あなただけの予防プログラム”をご提案し、
生涯にわたってご自分でしっかり咬めるようにサポートいたします。

^