ネット予約
092-753-9113
新型コロナウイルスの感染予防対策について
IMPLANTインプラント

インプラント

インプラント

歯を失うと、歯を補う治療が必要になります。その際の治療法としては大まかに入れ歯、ブリッジ、インプラントという3つの選択肢があります。それぞれに違う特色があり、人によって適した治療法も異なりますが、インプラントはその中でも最も自然に近い見た目や感覚で使うことができて、適用範囲の広い治療法です。

インプラントとは

インプラント
何でもしっかり噛めて周囲の歯を傷めない、お口に優しい治療法
インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に「インプラント」と呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の被せ物を装着することで歯の見た目や機能を回復させる治療法です。
埋め込まれたインプラントは、顎の骨と強固に結合しますので、硬いものでもしっかりと噛むことができます。また、他の治療法とは違い、周囲の歯の助けを借りずに単独で機能させることができますので、お口の健康を損ねず、他の歯の寿命を縮めないのもインプラントならではの特徴です。
インプラントはこんな方におすすめ
  1. 天然歯に近い見た目や使い心地を希望される方
  2. 入れ歯が合わずにお困りの方
  3. 周囲の歯に負担をかけない治療をご希望の方
  4. 食事を何でも美味しく食べたい方
  5. いつまでも若々しさを保ちたい方

インプラントの構造

インプラントの構造
インプラントは、顎の骨に埋め込まれる人工歯根(インプラント体)と、上に被せる人工歯(上部構造)、そして、両者を結合させる土台(アバットメント)の3つのパーツに分けられます。
インプラントの素材
インプラントの素材
インプラントは「顎の骨」という体内に埋め込まれるものであるため、安全で材質的に安定した素材でなければなりません。現在ほとんどのインプラントは、チタンという金属で作られています。
チタンは非常に安全性が高く、人間の体と馴染みの良い金属として知られています。また、軽量で頑丈であり、骨と一体化する性質を持っています。それゆえ、医科においても、ペースメーカーや骨折時に骨を固定するプレートやボルトなどにも使用されています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 見た目や使い心地が自然
    インプラントは天然歯があった時のように顎の骨に人工歯根が埋め込まれ、それがしっかりと固定され、実際に歯茎より上に見えるのはセラミックなどの人工歯です。それゆえ、よくご自分の歯のように噛めて、見た目も自然です。
  • 周囲の歯に負担をかけない
    インプラントは他の治療法とは違い、他の歯に頼ることなく独立して歯を立てることができます。
    そのため、他の歯にダメージを与えて早く弱らせてしまう、ということがありません。
  • 違和感がない
    インプラントは顎の骨と一体化して体の一部のようになるため違和感がありません。実際に入れている方でも、どの歯がインプラントだったかわからなくなるほどです。
  • 顎の骨が痩せにくい
    インプラントは噛んだ刺激が骨に直接伝わるので、骨が痩せてしまうのを防いでくれます。
デメリット
  • 手術をしなければならない
    インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込む必要があり、そのためには手術が避けられません。それゆえ全身状態が良くない場合、妊婦さんなどの場合には適さないことがあります。
  • 保険がきかない
    インプラントは保険適用がありませんので、他の治療法と比較して高額になってしまいます。
  • 治療が長くかかる
    インプラントを機能させるためには、インプラント体が顎の骨と結合する必要がありますので、そのための期間を数ヶ月待つ必要があります。その分他の治療法よりは治療期間が長くなります。

インプラントの治療の流れ

診査・診断
STEP1. 診査・診断
お口の中を検査し、虫歯や歯周病がないか、など口腔内の状況などを詳しく調べます。虫歯や歯周病など、お口の健康状態に問題がある場合、インプラント治療に先立って治療を行います。
歯科用CTによる精密検査
STEP2. 歯科用CTによる精密検査
インプラント手術を安全・確実に行うために、歯科用CTを使用して顎の骨の精密で立体的な画像を撮ります。コンピュータ上で顎の骨の画像を3D化し、お口の状態に合わせた最適なインプラントを選択します。
治療計画のご相談
STEP3. 治療計画のご相談
検査内容をもとに治療計画を立て、治療方法や治療期間、費用などについて詳しくご説明します。疑問点やご不安な点などあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。
インプラント手術
STEP4. インプラント手術
インプラントを顎の骨に埋め込みます。手術が不安な方でも、静脈内鎮静法というリラックス麻酔を行いながら手術を行うこともできますので、ご安心ください。
治癒期間
STEP5. 治癒期間
インプラントと骨がくっつくのを待つ期間です。具体的な期間には個人差はありますが、インプラント体の種類、骨の状態などにより約2〜6ヶ月程かかります。治癒期間中は必要に応じて仮歯を使用します。
被せ物装着
STEP6. 被せ物装着
インプラントの上にかぶせる上部構造(人工歯)を作製します。周りの歯に合わせた自然な人工歯をお作りし、装着します。
メインテナンス
STEP7. メインテナンス
インプラントを長年にわたって良い状態でお使いいただけるよう、3~6ヶ月ごとに検診とメインテナンス(クリーニング、噛み合わせの確認・調整等)を行います。
インプラントなら、歯を失う前のような快適さを取り戻すことができます!
NEWS医院からのお知らせ
COLUMN歯科コラム
コミュニケーションを大切にし明るい医院づくりに努めています
デンタルオフィス薬院では、審美歯科、矯正歯科、インプラントを中心として、一般的な歯の機能回復にとどまることない治療を行っております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
  1. ネット予約
  2. お問い合わせ
  3. お電話