インプラント

Implant

インプラント治療は、天然の歯とほとんど変わらない見た目や噛みごこちで、
会話や食事を楽しむことができます。

インプラント治療とは、歯周病や虫歯などで失った歯に代わって
「インプラント」と呼ばれる金属の人工歯根を埋め込み、
その上から人工の歯冠を装着することで歯の機能を回復させるだけでなく、自然で美しい歯を取り戻す治療法です。

インプラント

インプラント治療には多くのメリットがあります

自分の歯と同じように噛める喜び

歯を失ってしまった方にとって、ご自身の歯と同じ噛み心地で食事が出来ることは、何ものにも代えがたい喜びです。
インプラントは義歯(入れ歯)やブリッジと違い、人工歯根を顎の骨にしっかりと固定しますので、硬い食べ物でもしっかりと咬むことができます。 美味しさとは、食べ物を噛みしめることで味わう事ができるのです。また、食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛んだり、毎日入れ歯の洗浄をしたりといった手間や、入れ歯によって生じる臭いなどの悩みからも開放されます。インプラントは取り外して清掃する手間もなく、普段通りの歯磨きで健康な歯を保つことができます。

人前でも思い切りの笑顔を

インプラントは、ご自身の天然の歯と変わらない自然な美しさの歯が入ります。入れ歯やブリッジのように、金属が見えることもなく、どの歯がインプラントなのか全く分かりません。入れ歯が外れることや金属が見えることを気にすることなく、人前でも自然と笑顔になるでしょう。
ストレスから解放され、笑っておしゃべりに夢中になることは、心身の健康にもつながります。

歯が抜けたまま放置していませんか?
歯が抜けたまま治療を受けないと、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりします。すると歯並びや咬み合わせが乱れ、お口全体のバランスがくずれてしまうことがあります。顎に偏った力がかかり、顎関節症を引き起こすこともあり、顔貌が変化したり、しわが増えたりと、さまざまな悪影響をおよぼします。さらにいうと、首や腰のバランスまでくずれてしまうこともあるのです。

インプラント治療には多くのメリットがあります

インプラントは、顎の骨に埋め込む人工歯根(フィクスチャー)と、
上に被せる人工歯(上部構造)、それらを結合させる土台(アバットメント)から構成されています。

インプラント

インプラント治療の流れ

1. 診査・診断
口腔内の診査・診断を行い、虫歯や歯周病の有無、口腔内の状況などを詳しく調べます。
虫歯や歯周病が発見された場合は、インプラント治療に先立って治療を行います。
2. 歯科用CTによる精密検査
インプラント治療をより安全に行うために、歯科用CTを使用して顎の骨の精密な画像を撮ります。
顎の骨の画像を3D化し、患者様に最適なインプラントを選択します。
3. インフォームドコンセント
検査内容をもとに治療計画を立て、詳しくご説明します。
ご不安やお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。
4. 手術
インプラントを顎の骨に埋め込んで、一部を歯肉から出して縫合します。
手術中の感染を避けるために滅菌した環境で手術を行います。
5. 治癒期間
治癒するまでの期間は個人差はありますが、インプラント体の種類、患者さんの骨の状態、体調によって約2〜6ヶ月程かかります。治癒期間中は仮歯を使用します。
6. 上部構造作製
治癒期間中の仮歯の使用で問題点を洗い出し、インプラントの上部構造(人工歯)を作製します。形や色を周りの歯に合わせて作製し、自然な歯を再現します。
7. メインテナンス
インプラントを長年にわたって使用するために、3~6ヶ月ごとに定期検診を行います。
メインテナンス時には、クリーニングとともに噛み合わせの確認や調整も行います。

入れ歯・ブリッジとの比較

入れ歯・ブリッジとの比較

インプラント・ブリッジ・入れ歯、どの治療にするか?
3通りの歯科治療方法の中で、どの治療法を選択するか?
これについては、お口の中の状況や今後の希望によって違ってきます。
一度デンタルオフィス薬院へお気軽にご相談ください。

All-on-4 (オールオンフォー)

All-on-4 (オールオンフォー)
All-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。 All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えます。骨の移植などの必要もなく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能です。
歯をすべて失った患者様に対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。しかし、「総入れ歯」による食事は違和感を感じる方も多く、外れたりする不安もあります。取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。
そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法が「All-on-4(オールオンフォー)」なのです。
All-on-4 (オールオンフォー)
【オールオンフォーのメリット】
① オペした 当日から噛むことができる。
② インプラントの本数が減らすことが出来る。
③ 従来の治療法と比較して、費用の負担を減らすことが出来る。
④ 治療回数・期間が極端に短い。(即日で終了する)
⑤ 治療期間が短いため身体的、精神的ストレスの軽減が出来る。
⑥ 腫れや痛みを軽減出来る。
⑦ 審美性に優れている。

ノーベルガイド

予知性・安全性の向上、オペ時間の短縮が可能に。
つまり、患者様にとって「インプラント手術が格段に楽になる!」システムです。

ノーベルガイドとは、CTで撮影した口腔内の画像からコンピューターの画面上で手術のシミュレーションをし、インプラントの埋入が正確に行われるように誘導するシステムです。これにより、正確にインプラントを埋入できるだけでなく、従来よりも短い手術時間での埋入が可能になります。
※状態によっては、ノーベルガイドが使用できない場合があります。

サージカルテンプレート
サージカルテンプレート

ノーベルガイドは、インプラントの治療計画から埋入までの一連の歯科インプラント治療をより安全で正確に行うことができます。
患者さんのCT画像データをもとに非常に精度の高いサージカルテンプレートが作製でき、このサージカルテンプレートを使用して患者さんにとても優しいフラップレス術式(メスで切開することのない)を可能にし、患者さんへの負担をかなり軽減します。

【ノーベルガイドシステムを利用したインプラント治療のメリット】
●安全で正確にインプラントを埋入できる。
●手術時間を短くできる。
●手術の当日に新しい歯を手に入れられる。
●ガイドに沿って小さな穴をあけて埋入するため、ほとんど歯肉を切らない。

ノーベルガイドを使用したインプラント治療の流れ

STEP1. CT撮影
CT撮影
CTスキャンで撮影したデータは、治療計画およびインプラント埋め入れ手術をガイドする「サージカルテンプレート」の作製の基礎として使用します。
STEP2. シミュレーションソフトを使用した治療計画
シミュレーションソフトを使用した治療計画
上の3D画像でインプラントの埋め入れ位置、角度を正確にシミュレーションします。CTスキャンデータから得られる詳細な情報を精査し、安全にインプラント治療が行えるように計画を立てます。
STEP3. シミュレーションソフトを使用した治療計画
治療の流れ
3Dシミュレーションソフトで設計した治療計画を「ノーベルバイオケア社」へ送り、専用の技工所で精巧なインプラント埋め入れ手術ガイド「サージカルテンプレート」を作製いたします。
STEP4. その日のうちに仮歯が入るインプラント埋め入れ手術
インプラント埋め入れ手術
手術前(無歯顎状態)
インプラント埋め入れ手術
ノーベルガイドを使用して歯肉を切らずにインプラントを埋め込むことができます。
インプラント埋め入れ手術
手術後にすでにコンピュータシステムにより製作された仮歯をセットします。手術後すぐに仮歯が入ります。
^