ネット予約
       
092-753-9113
新型コロナウイルスの感染予防対策について
ESTHETIC DENTISTRY審美歯科

歯茎の黒ずみ除去

このような歯茎のお悩みありませんか?

  1. 歯茎の黒ずみが気になる
  2. ホワイトニングをしたら歯茎の色が気になってきた
  3. セラミックの被せ物の白さと歯茎の色が合わない
  4. 笑った時に口元が暗く見える
  5. 歯茎の色を健康的な色にしたい

歯茎の黒ずみを改善するガムピーリング

歯茎の黒ずみを改善するガムピーリング

歯茎が黒ずんでいると不健康な歯茎に見えて、笑顔に自信がなくなってしまいます。また、ホワイトニングやセラミック治療などで歯が綺麗になると、全体の調和が取れなくなり違和感を感じる印象になってしまいます。

現在の歯科治療では、歯茎の黒ずみを除去して美しく健康的な歯茎にすることが可能です。原因に合わせた治療方法で、美しく健康的なピンク色の歯茎になって素敵な笑顔を取り戻しましょう!

歯茎の黒ずみの原因

歯茎の黒ずみの原因には、主に以下の3通りがあり、それぞれ対処法が異なります。

原因1.金属製のかぶせ物

金属を使用した被せ物や金属製の土台の金属が溶け出すことが原因で、歯茎の変色が起こることがあります。長期的に金属の被せ物を使用していることで起こり、そのような変色を「メタルタトゥー」といいます。

原因2.メラニン色素の沈着

もともとメラニン色素の沈着がみられる方もおられます。しかし、多くの方が喫煙によってメラニン色素の沈着が起こります。喫煙者だけでなく、受動喫煙によっても色素沈着する場合があります。

原因3.虫歯・歯周病

虫歯による黒ずみ、歯周病による歯茎のうっ血によって起こることがあります。歯周病の初期である「歯肉炎」の段階では歯茎は赤く腫れている状態ですが、進行するにつれて歯茎がうっ血して黒ずんだ色に変色していきます。

治療方法

歯科用レーザー照射による黒ずみ除去

歯科用レーザー照射による黒ずみ除去
メラニン色素の沈着がみられる場合には、歯科用レーザーを使い、歯茎の黒ずみや色素沈着を除去する治療を行なっています。レーザー照射は、治療時の痛みはほとんどなく、ほんの少しピリピリするくらいで、歯茎の表面にのみ作用するので、体にも安全です。

メタルフリー治療による改善

メタルフリー治療による改善
金属を使用しない「メタルフリー治療(セラミック治療)」で被せ物をセラミック素材のものに変えることで、金属の溶け出しによる変色を改善・予防することができます。

虫歯・歯周病治療による改善

虫歯・歯周病治療による改善
虫歯や歯周病によって歯茎が黒ずんでいる場合、まずは虫歯や歯周病治療を行っていただき根本的な原因を改善する必要があります。その後、歯茎の色調の変化がみられなければ、レーザー照射による治療を併用することもあります。

歯と歯茎の色、合っていますか?

歯と歯茎の色、合っていますか?
ホワイトニングやセラミック治療で歯は綺麗にしたのに、見た目の印象に違和感を感じるということはありませんか?会話中や笑顔のときの口元の印象は、「歯」と「歯茎」の色の調和がとれているかどうかも重要なポイントの一つです。口元の印象にお悩みの方は、一度お気軽にご相談ください。

審美歯科で、健康的な美しい白い歯に!

NEWS医院からのお知らせ
COLUMN歯科コラム
コミュニケーションを大切にし明るい医院づくりに努めています
デンタルオフィス薬院では、審美歯科、矯正歯科、インプラントを中心として、一般的な歯の機能回復にとどまることない治療を行っております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
  1. ネット予約
  2. お問い合わせ
  3.    
  4. お電話