歯科コラム

Column

インビザラインとアソアライナーの違い

福岡市中央区薬院 審美インプラント歯科 矯正歯科 歯周病治療 のインプラン福岡市中央区薬院 審美インプラント歯科 矯正歯科 歯周病治療 のインプラントデンタルオフィス薬院です。

マウスピース矯正には現在では何種類ものシステムがあります。同じように見えますが、治療法が異なります。
当院が採用しているシステムはインビザラインとアソアライナ―です。
インビザラインシステムは犬歯を移動させることが可能でほとんどの症例に対応できます。
はじめに精密な検査と歯の模型を採取すると治療のゴールまでのシミュレーションができ治療計画通りにすべてのアライナーが出来上がってきます。
治療後の歯並びや期間がほぼ明確です。
アソアライナーはそれに比して、やや軽度な矯正治療に向いています。犬歯を動かさないといけない症例には向きません。
アライナーを交換するつどに歯の模型をとる必要もあります。治療費用についてはアソアライナーのほうが低費用になります。
それぞれの症例について適応がありますので、治療法については担当医によく相談しご自分にあった方法を選んでください。

歯がないお年寄りでも食べられる食事のポイント

歯がないお年寄りでも食べられる食事のポイント
食事において「歯」の存在は極めて大きなものです。年齢を重ねるに従って若いときほど健康な歯を維持できなくなり、食事の内容がそれに合わせて変化すると満足度が低下することも考えられます。そこで、歯がないお年寄りでも食べられる食事のポイントについて解説します。

コラム全文を読む

歯のホワイトニングの効果はどれくらい持続する?

歯のホワイトニングイメージ
歯医者で受けられる歯を白くする施術「ホワイトニング」は、一度受けたらその効果が永久に持続するわけではありません。

効果が持続する期間があり、その期間が過ぎれば元の色に近づいてしまいます。そこで、ホワイトニングの効果が持続する期間について解説します。

コラム全文を読む

妊娠中に親知らずが痛んだら?治療法とリスク

妊娠中に親知らずが痛んだら?
妊娠すると女性の体に大きな変化が起こります。お腹が大きくなるのはもちろんのこと、つわりなどで普段はなんでもなかったことが辛く感じたりすることもあります。歯科に関しても同様で、今までなんでもなかった親知らずが急に痛み出すということもあります。「妊娠中に虫歯や歯周病になりやすくなった」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、実はこれにはきちんとした理由があるのです。

コラム全文を読む

トラブルなく治療を進めるためのオールオン4術前術後の注意点

トラブルなく治療を進めるためのオールオン4術前術後の注意点
オールオン4は、土台となるインプラントを埋め込んで仮歯を装着するまでを1日で完了させることのできる画期的な治療法です。また、埋め込むインプラントの本数は4本で済むので、体力的にも経済的にも負担の少ない歯科治療といえるでしょう。しかし、オールオン4は外科手術を行うことになるので、手術の前後は気をつけなければならないことがあります。今回はオールオン4治療を受けるにあたっての注意点についてお話しいたします。

コラム全文を読む

まだ歯がある!オールオン4治療ではどんな状態の歯を抜歯する?

まだ歯がある!オールオン4治療ではどんな状態の歯を抜歯する?
一般的なインプラントより「体への負担が少ない」「手術時間が短い」「治療費が安い」というメリットがあり、なおかつ一般的なインプラントの長所が残っているのが、オールオン4です。
これだけ聞くと「一般的なインプラントより断然オールオン4のほうがよさそう」と感じるでしょう。
しかしオールオン4の治療を受けるには「ある条件」をクリアしなければならないのです。

上の歯、または下の歯がすべてない状態でないと、オールオン4を入れることができないのです。オールオン4が「無歯顎インプラント」と呼ばれるのはそのためです。
ですので、上の歯(または下の歯)に1、2本の天然の歯が残っている方のなかには、それらを抜歯してオールオン4を入れる方がいます。
では、残っている天然の歯が「どのような状態」のとき、抜歯してでもオールオン4を入れたほうがいいのでしょうか。

コラム全文を読む

インプラント手術後に味覚障害になる?その違和感の本当の原因は?

インプラント手術後に味覚障害になる?その違和感の本当の原因は?
歯科クリニックでインプラントを入れる手術を受けた後に味覚障害が生じたと訴える患者さんが、まれにではありますが、います。
そのため「インプラントは味覚障害を引き起こす」という説がネット上などで流れていますが、それは正しい知識ではありません。

インプラント手術に支障が生じたため、舌を傷つけてしまい、それが原因で味覚障害が起きる可能性はゼロではありません。
しかし正しくインプラントを入れたのに味覚障害などの違和感が生じることはありませんで安心してください。

コラム全文を読む

妊婦さんに起こりやすい歯のトラブルは?

妊婦さんに起こりやすい歯のトラブルは?
妊娠するとホルモンバランスの変化によって身体に様々な変化が現れます。お口の中も同様に、妊娠中はトラブルが起こりやすい環境になります。よって妊娠中はより一層お口の中のケアに気を使わなくてはなりません。
今回は妊婦さんに起こりやすい歯のトラブルついて紹介します。

コラム全文を読む

歯の磨き過ぎは歯茎にとってNG!正しい磨き方を心がけよう

歯の磨き過ぎは歯茎にとってNG!正しい磨き方を心がけよう
「歯磨きは毎食後、5分間は行いましょう」そのように習った人も多いでしょう。
それは間違っていないのですが、5分間にわたって力の限りゴシゴシやってしまうと、かえって逆効果になってしまいます。ブラッシングは「優しくしっかり」が基本です。
しかし、だからといって1、2分で軽く磨いて終わり、という方法もやはりNGです。
磨きすぎもだめ、弱すぎてもだめ、ちょうどよい歯磨き方法を解説します。

コラム全文を読む

^