虫歯治療

Dental caries treatment

患者さんの不安や恐怖心を少しでも軽減できるよう、
極力痛みを抑えた治療を心がけています。

虫歯は様々な要因がありますが、口の中にいる微生物が歯の表面に付いた食べ物の残りカスなどから酸をつくり、
その酸によって歯が溶かされていまう病気です。虫歯は自然に治ることはなく、
永久歯になってしまった歯が虫歯になってしまうと二度と元に戻せません。
デンタルオフィス薬院では、充実した設備や器具で、極力痛みを抑えた治療を心がけています。

なぜ虫歯がおきるの?

虫歯ができる主な原因

虫歯ができる主な原因

1.ブラッシング方法の間違い、磨き残しなどで歯垢がついたままになっている。

2.糖質、甘いもの(特に砂糖)を原料として細菌が歯垢を作ります。

3.もともとの体質や病気、薬の副作用などによって歯質が弱い。

4.食生活の乱れ。生活習慣が乱れていると虫歯リスクを高めます。

虫歯の治療には大きく分けて’つめる’治療と’かぶせる’治療があります。
小さい場合は’つめる’処置を行い、歯の中にある神経に達するような大きい虫歯の場合には ‘かぶせる’処置になるのが一般的と考えてもらってよいでしょう。但し、患者さんの病状や歯科医療機関により治療方法は異なる場合があります。

虫歯の段階と治療法

穴が開いた状態痛みはない

穴が開いた状態
痛みはない

虫歯が象牙質へ及ぶ歯がしみる

虫歯が象牙質へ及ぶ
歯がしみる

虫歯が神経へ達する激しい痛み

虫歯が神経へ達する
激しい痛み

歯の根だけが残った状態 膿がたまったりする

歯の根だけが残った状態
膿がたまったりする

虫歯の進行は、初期の段階では自覚症状がなく、自分で見つけにくいので定期的に検診を受ける必要があります。
早期段階で適切に対処すれば、簡単な治療だけで済み、短期間で完治します。

セデーション(静脈内鎮静法)

痛み・不安・恐怖症などが和らぎ、うたた寝のようなリラックスした快適な状態で受ける治療

セデーション(静脈内鎮静法)

デンタルオフィス薬院ではとてもリラックスした状態で歯科治療やインプラント手術をお受けいただける「静脈内鎮静法」をご利用いただけます。治療中の不安や緊張を軽減させ、全身疾患をお持ちの方や緊張の強い方などに大変有効な麻酔の方法です。

全身麻酔とは違い、多少の意識はあるものの恐怖心が軽減された浅い眠りの中での治療となります。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。

安全に手術が行われるように歯科麻酔専門医と生体情報モニターによる徹底した管理・監視で、手術中の患者さんの全身状態を細かくチェックしながら行います。不安の強い方でも安心して手術をお受けいただけます。

このような患者さんにお勧めしています

※ 不安や恐怖心の強い方
※ 長時間治療を受けられる方(歯周外科手術など)
※ 基礎疾患(高血圧、糖尿病など)がある方
※ 嘔吐反射の強い方(器具を入れようとすると気持ち悪くなる)
※ 歯科治療の最中に気分が悪くなったことのある方

虫歯治療は短時間でキレイな歯が手に入るセレック治療も
おすすめしております。歯にやさしいメタルフリー治療です。

^