プレオルソ こども歯並び矯正法

Preortho

“マウスピースをつけるだけ”健康な体に導くための矯正法

プレオルソ こども歯ならび矯正法

プレオルソは、取り外し可能な「マウスピース式矯正装置」です。成長発育が盛んで、骨がやわらかく、かつ永久歯に全て生え変わる前の3〜10歳くらいの時期に使用することで、健全な歯並びに導くだけでなく、口呼吸から鼻呼吸への改善、舌のトレーニングにより正しいお口の機能を獲得することが可能になり、お子さんを根本的に健康な体へと導いていくことができます。

家にいる時、寝ている時のみの装着でOK

幼女

早い時期に治療を始めれば、簡単な方法で治療できます
永久歯に全て生え変わってから矯正治療をする場合、歯の一本一本に装置をつけてワイヤーで歯を並べる、本格的な矯正治療が必要になります。ですが、できるだけ早い時期ならば、そのような大変な思いをせずに簡単な方法で健全な歯並びやかみ合わせを獲得することができます。

プレオルソ

痛みが少なく、ストレスが少ない!
プレオルソは、家にいる間、寝ている間のみの装着だけで大丈夫です。また、マウスピース型の矯正装置は、通常、固定式のワイヤー矯正のような痛みが出ませんし、お食事や歯磨きの際には外しますので、お子さんにとっても非常にストレスが少ない方法です。

プレオルソの特徴・メリット

子供

3歳~10歳くらいのお子さんが対象

プレオルソは、3歳~10歳くらいのお子さん向けです。成長の盛んな時期に行うことで、健全な骨格や歯並びに導いていきます。

プレオルソ

痛みが出にくい

固定式の装置は痛みが出やすいですが、やわらかい素材でできているプレオルソは、痛みが出にくいのもメリットです。

歯を磨く子供

取り外し式のマウスピースタイプ

マウスピースタイプは取り外しができますので、歯磨きも隅々まで行うことができ、虫歯のリスクを高めません。

子供

健全なあごの成長、歯並びを作り上げる

マウスピースを装着することで、お口周辺の悪い癖(舌・唇の癖、口呼吸など)を取り除き、お口周囲の筋肉を正しく使えるようになっていきます。そのため、あごの成長が正常に行われやすくなり、自然と歯並びも整っていきます。

口を開けた子供

口呼吸を鼻呼吸に促す

口呼吸は、歯並びの悪化や将来的なあごの骨の変形を起こす原因になります。そのため、特に、骨格の異常な発育を防ぐためには、成長発育の早い段階で口呼吸を鼻呼吸にしておくことが大切です。プレオルソならば、口呼吸から鼻呼吸へと呼吸を改善することが可能です。

就寝中の子供

在宅時、就寝中のみの装着でOK

プレオルソは、幼稚園や学校から帰宅してから最低1時間と、就寝中に装着するだけで十分な効果が発揮されます。外出時に装着する必要はありませんので、お子さんのストレスも最小限です。

計算機

リーズナブル

プレオルソは本格的な矯正治療と比べ、シンプルな装置で行うなどの理由から、リーズナブルな価格で設定されています。また、プレオルソの治療をしておけば、将来的に本格矯正を行う場合でも、治療が簡単に短期間で終えられることが多いため、そういった意味でも治療費が節約できます。

カレンダー

通院の頻度が少なくて済む

固定式の装置とは違い、装置の調整がほとんど必要ないため、通院回数も少なめです。

笑顔の女児

後戻りしにくい

矯正治療をした後は、歯並びが元の位置に戻ろうとする後戻り現象が起こります。特に、お口周囲の癖などにより間違った筋肉の使い方をしていると、さらにその現象が起こりやすくなります。プレオルソでは、お口の筋肉が正しく使えるようになるトレーニングも行いますので、後戻り現象が起こりにくくなります。

3〜10歳の時期に使用することで、こんな歯並びが治ります

プレオルソによって、次のような歯並びが改善できます。中には、将来本格的な矯正が必要になる場合もありますが、その場合でも治療期間を短くできたり、歯を抜かずに矯正することができたり、など、お子さんにとってのメリットは大きくなります。

叢生(そうせい:デコボコの歯ならび)
あごに歯が並びきらず、ガタガタに重なっている状態です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)
上の歯が前に突き出している歯並びです。

下顎前突(かがくぜんとつ:受け口)
下の歯が上の歯よりも前に出ていて、かみ合わせが反対になっている状態です。

開咬(かいこう:前歯がかみ合わない)
奥歯でかみ合わせたときに、前歯が全くかみ合わない状態です。

過蓋咬合(かがいこうごう:深いかみ合わせ)
かみ合わせが深すぎる状態で、かみ合わせた時に、下の歯が上の歯に隠れて見えなくなります。

プレオルソの注意点・デメリット

親子

忘れずに装着しないと効果が出ない
取り外しができるマウスピースタイプの装置にはメリットが多いのですが、きちんと毎日忘れずに装着しなければ効果が現れないというデメリットもあります。そのため、保護者の方、お子さんの協力が必要です。

^